介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職の面接で重視されているのはどこ?

介護職,面接,ポイント

 

転職する為には、書類選考・面接が必要です。今回は面接に特化して説明させていただきます。

 

 

まず、面接で何を見ているのかと言うと、

 

 

人柄=人物を重視しています。

 

 

面接時には、「この方が職場に合うかどうか?」「会社にどう貢献できるのか」を見ています。一般的に書類選考でスキル・仕事内容などを確認し、面接で人柄=人物、書類選考の判断が間違えていないか、確認を行っています。

 

 

では、何を基準に判断するかと言いますと、

あいさつ
コミュニケーション
熱意・志望動機
経験
身だしなみ

 

これが上位5項目です。面接は、この5つに気をつける事で内定率が圧倒的に高まります。

 

 

5つの内定基準

それでは、5つの基準について詳しく見ていきましょう。

 

あいさつ

介護職は人と接するので、出来なければ話になりません。元気よく笑顔で行う事が大切です。面接では、はじめの自己紹介に力を入れると良いでしょう。お茶を出された場合も「有難うございます」と言うように心がけてください。

 

 

コミュニケーション

介護をする場合、色々な方とコミュニケーションをとります。言葉づかいを意識するよりも、しっかりと聞いて答える事を意識してください。コミュニケーションが下手な方でも大丈夫です。努力していると身につきますし、相手に伝わりますので、意識して行うようにしてください。

 

また、言葉づかいを意識される方がいますが、面接は緊張するので、綺麗にしゃべるよりも「丁寧にゆっくり」を心がけてください。

 

 

熱意・志望動機

必ず聞かれますし見られています。勘違いしやすいのは、前の会社を辞めた理由を聞きたいのではなく、「なぜ、応募してきたのか」が問われます。

  • なぜ、介護なのか?
  • なぜ、うちの会社なのか
  • なぜ、この仕事内容に魅力を持ったのか?

 

面接は準備が8割と言われますので、上記項目は考えておきましょう。

 

熱意を見せるには、最後の質問が重要です。会社にアピールする為に、「私が入社すればこんなメリットがありますよ。」など、ご自身が入社するメリットをアピールしましょう。

 

ただし、熱意が強すぎると協調性が無いと思われる為、強すぎないように注意しましょう。

 

 

面接,受け答え,方法

 

 

経験・スキル

経験が無い方には難しいですね。そんな方には現在、資格取得の為に勉強している事など、入社する為のアピール材料を用意しておきましょう。

 

 

身だしなみ

最後は身だしなみについてです。綺麗にしておくことは当たり前ですが、「派手すぎないか」「清潔か」を併せて見ておきましょう。
基本はスーツが無難です。面接時の細かい注意点をまとめたので、ご参考にしてください。

 

 

【身だしなみの細かな注意点】

【共通】

  • スーツはアイロンをかける
  • 服の色は派手すぎないように
  • 髪の色は明るすぎないように
  • 髪は揃える
  • 爪は綺麗に
  • ネイルは派手すぎないように
  • 靴は磨く
  • かばんは綺麗に
  • 香水はつけない方が良い
  • タバコは出来るだけ面接が終わるまで吸わない

 

【男性の場合】

  • スーツの色は黒、紺、グレーが基本
  • ワイシャツは白で無地
  • ネクタイは派手すぎないように
  • 靴は黒、茶色
  • かばんはA4サイズが入る方がベスト
  • 髪型は清潔感を保つ

 

【女性の場合】

  • スーツ、ブラウスの色は黒、紺、グレーが基本
  • インナーは白
  • ストッキングは肌色
  • 靴は黒
  • ヒールは低めに
  • アクセサリーはつけすぎない

 

第一印象を決めるのに、容姿は重要です。面接に行く前に、鏡の前で確認するか、周りの方に見てもらうと良いです。印象を上げて、良い就職をしましょう。

「介護職の面接で重視されるのは?」と一緒に読まれているページ

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!