介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職で太る原因

「介護職について間もなく太ってしまった」というのは、良くある話なのですがその理由は何があるのでしょうか。雇われた事業所の規模にもよるのでしょうが、「夜勤」の仕事が非常に影響があるようです。また、人間相手と人間の命を管理する仕事なので「ストレス」と太るという事情は大きく影響し合っている様です。

 

 

不規則さについては、夜勤の頻度が関係します。夜勤の仕事で長く緊張状態が続く事が原因の一端です。コールで呼ばれれば対処し、また、コールが全くなく時間がある時どちらにもストレスが伴うのです。例えば用事もないのにコールをよくしてくるなどのわがままの相手もあるでしょうし、苦手な職員と二人きりで過ごすこともあるでしょう。

 

 

また、暇な時など食べ物をついつい食べてしまうと言うのも多い様です。世の中が睡眠中に起きていなければならないのですから、ストレスが溜まってしまうのも無理のない話です。このストレスのせいでさらに夜勤明けには、「レプチン」というホルモンが減少する事から食欲を抑えることが出来なくなります。

 

 

介護職で太ってしまった場合の対処方法

夜勤明けの過ごし方をひと工夫するだけで、肥満に対処する事ができます。夜勤明けは睡眠時間を取りすぎないことがポイントとなります。体内時計の狂いを治すには、睡眠時間でコントロールするのが一番なのです。

 

 

夜勤明けの場合は、日中に起きて普通に過ごし、太陽光を浴びる事で体内時計を夜勤が無かったかのように戻すことができます。体内時計は、朝起きて自律神経を活発にさせ一日の活動をスムースにコントロールしているのですが、夜勤の場合は通常の就寝時間中に活動しているので日によっては、自律神経が優位な状態が長く続いてしまい夜勤をするたびに体内時計が狂ってくるのだと考えられます。

 

 

通常の夜の時間帯は、副交感神経が働き身体をリラックスさせることでゆったりと睡眠を取りその間に体内では一日の疲れをゆっくりと取っているのですが、夜勤の翌日に夕方まで眠ってしまうと夜に交感神経が活発になってしまうのです。体内時計が狂ってしまうと、肥満や心身の疲労に繋がって来るのです。

 

 

また、夜勤明けは食欲が増してしまいます。夜勤をすると食欲を増すホルモンが分泌されてしまうからです。この時に思いっきり食べてしまう事が習慣になると肥満する原因になります。睡眠が不足する事で分泌されるのが「グレリン」というホルモンですが、食欲を増し血糖値を上昇させるように命令を出します。このため食欲が出るのですが、ここで暴飲暴食を避けたいものです。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!