介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職で多いバーンアウト症候群になる理由

「バーンアウト症候群」は介護職のように人間相手の仕事「ヒューマンサービス」に従事している人が陥りやすい病気とされています。介護職の他看護師や、教員職、福祉課職員の様な福祉職の人が多くかかるのです。

 

 

介護職,バーンアウト症候群

 

 

これらの職業はサービスを相手に施すのが仕事ですが、はっきりとした結果がでません。仕事の内容は頑張ろうと思えばどこまでも頑張る事が出来のめり込みやすい環境にあります。しかも人手不足なので休む暇もありません。サービスの内容は濃くなり、サービスを施すのが負担になってくることが原因で発病するとされています。

 

 

発病すると、情緒面に影響が出て無気力無感動になります。症状が現れるずっと前に自分で仕事への限界を感じながらも無理をしてつづけているうちに突然症状が現れ、突然働きたくなくなってしまうのです。

 

 

また、人への対応が冷淡になりこの症状を「脱人格化」と呼びます。それまでは、熱心に人に働きかけていた人がまるで「人が変わったように」なってしまうのです。これは自分で病気の進展を防御している行動です。エネルギーをそれ以上使わない様に仕事面で知らず知らずのうちに防御するようになるのです。

 

 

また、「うなくいくはずがない」等の消極的な態度になりますが、原因は「達成感」を感じることが出来なくなってしまうからです。それとともにこれまで培ってきたものまで自信を無くしてしまい、作業の効率は低下して悪循環に陥ってしまう事になります。

 

 

バーンアウト症候群の対処法

 

バーンアウトの症状が進行して、うつの症状がある場合はうつ病の薬を投薬し、症状にあった治療が行われます。まずは休養を取る事が必要となり、根本的な原因を自分で見つめ直さなければなりません。

 

 

介護職,うつ

 

 

もちろん医師のカウンセリングを受け原因を探る事も出来ますが、自分が納得する事が必要です。バーンアウトの原因は理想と現実が合わなかった場合に起るので、納得して次には同じ失敗をしない様に自分の方法を少しずつ変えていかなくてはならないのです。

 

 

例えば「自分の限界が分からなかった」「理想を高く設定しすぎていた」「ストレスとうまく付き合う事が出来ていなかった」など原因を洗い出すのです。

 

 

これまでの方法を改善していくためには「諦める」事を知る事が大切です。完璧な理想像を実現しようとするあまりバーンアウトしてしまい、自分を追い込んでムリをし過ぎるのが原因なのですから「妥協」という事を知るというのも必要です。

 

 

また、仕事以外の楽しみを作る事も大切で、ストレスを発散させる「何か」を作る事が必要となります。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!