介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

グループホームの介護職の仕事内容とは?

高齢者向けの施設は、入居する方の状態や受けられるサービスなどによってさまざまなタイプがあります。グループホームはその中の一つで、入居できるのは、65歳以上で要支援2以上に認定されている認知症の方です。

 

また、共同生活を問題なく送ることができ、看護士によるケアがなくとも生活できる人という条件もあります。グループホームは少人数でアットホームな雰囲気のところが多く、入居すれば認知症に特化したサービスが受けられることが特徴です。職員の目が届きやすいので安心感があり、自宅で過ごすのと近い環境で過ごすことができます。

 

 

グループホームで働く介護職の仕事内容

 

そんなグループホームで働く介護士は、認知症を抱える入居者の生活をサポートするのが主な仕事内容です。入居者の方は認知症を患っていても体は元気という場合が多いので、他の施設に比べると排せつ介助や入浴介助にといったことはそれほど多くはありません。

 

 

他の入居者と一緒に食事を準備し、洗濯をしたり掃除をしたりと、認知症の方が他者と上手に関われるようにサポートすることが優先されるわけです。また、体は元気なので外出も頻繁に行っており、そのような時は職員が付き添いをするのも仕事の一つになります。

 

 

逆に、職員が外出を伴うレクリエーションの企画を考えて実行することもあります。認知症は、何らかの役割を与えることで、脳が刺激されて症状の進行を遅らせることができると考えられていますから、あくまでも入居者が主体となっていることは他の施設との大きな違いといえるでしょう。

 

 

グループホームで働こうとしている場合、知っておかなければならないのが夜勤があることです。入居者が就寝した後も、交代で見回りなどをして安全を確かめることも重要な仕事の一つとなります。また、お世話するのが認知症の方なので、イレギュラーが発生しやすく残業が多くなりがちです。

 

 

例えば、体は元気であることから、目を離したすきに外に出ていってしまうことも考えられます。そうすると、認知症の方は自分の居場所がわからなくなることがあるので、何をおいても探さなければならないのです。

 

 

認知症の方は、こちらが言ったことをその場で忘れることなども多く見られます。同じことを1日に何度も聞いてきて、それが毎日繰り返されるということは当たり前です。グループホームで働く場合は、他の施設以上に根気よく対応することが求められますから、我慢強い性格の人が向いているでしょう。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!