介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職で太る理由は何?

介護職といえば、非常に過酷な労働のイメージがあります。かなりの労働力であることから、仕事をしているだけで痩せるようにも思えますが、実はそうでもありません。

 

 

介護職は痩せる?太る?その理由は?

 

介護の仕事は確かにハードですが、そのほとんどは筋トレに代表される無酸素運動です。自分よりも体が大きい利用者の入浴介助ともなれば、無意識に息を止めて渾身の力を込めていることも多いでしょう。無酸素運動によって筋肉がつき、代謝のアップにつながることはあるでしょうけれども、残念ながら痩せるまではいかないのが現実のようです。

 

 

介護職のスタッフは、ほとんどが太るのだといいますが、その理由はいくつもあります。まずは生活が不規則になる事です。食事を不規則に摂ると血糖値が上がりやすくなって肥満につながりやすいですし、深夜に帰宅してから夕食を摂るといったことはもっとも太る原因といって良いのではないでしょうか。1日中頑張った自分へのご褒美として飲むビールも、非常に高カロリーで太りやすいです。激務で疲労困憊していれば、お腹が満たされた直後に眠ってしまうことになり兼ねず、これでは太ってしまうのも無理はありません。

 

 

また、施設によっては夜勤をすることも多くなりますが、これも太る原因となりがちです。眠いのを我慢して頑張っている上にナースコールを何度も押されるなどすれば、ストレスはたまる一方です。そこへ、利用者さんの家族からいただいた差し入れなどがあれば、つい摘みたくなるのが心情というものなのです。しかも、差し入れといえば、日持ちがして疲れが取れる甘いもの、というのが定番でしょう。そしてストレスといえば、介護職自体が非常にストレスをためやすい職業といえます。労働条件が悪い上に給料が安いなど不満が多くなり、つい過食に走ってしまう人はとても多いのです。

 

 

過酷な労働を支える水分補給も太る原因となる場合があります。水やお茶であれば問題はないのですが、塩分も摂取しなければ、などとより高い効果を望んだ時に選びやすいのがスポーツドリンクです。確かに水分や塩分を効果的に補給することはできますが、スポーツドリンクにはかなりの糖分が含まれていますから、これを毎日飲んでいたのでは、トータルの摂取カロリーは相当なものとなってしまうでしょう。また、重労働の疲れが取れず、翌朝つい栄養ドリンクに頼ってしまうのもカロリーオーバーの原因となってしまいます。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!