介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職に就く男性の将来性とは

「男性の寿退社」といえば、介護業界ではすっかりおなじみになった現象です。結婚した後は一家を養わなければならないので、給料の低い介護職を辞めて他業種に転職せざるを得なくなるというわけです。

 

 

介護職における男性の需要と将来性

介護現場で働くスタッフのほとんどは女性ですが、その仕事内容といえば、重労働が多い入浴介助もあることから、体力も力もある男性の需要は大変多いといえます。しかし、将来性という点を考えると、多くの男性スタッフは不安を抱えているのもまた現実です。

 

 

介護スタッフの給与は施設によっても異なりますが、だいたい15〜17万円といわれており、他業種よりも低くなっています。かなりの重労働を強いられるにも関わらず、給料は安いのです。しかし、より深刻な問題なのは、キャリアを積んで昇格したとしても、給料が上がらないケースがほとんどということです。例えば施設主任などに昇格しても20万円程度だといわれ、これ以上は上がらない可能性の方が高くなります。これでは結婚して子供を持ったり、自分が働けなくなった老後が不安になるというのも当然の話なのではないでしょうか。結婚しないでずっと一人で贅沢もせずに生活していくのなら何とかなるとしても、老後の不安は消えるものではなく、とても将来性があるとは言えなくなってしまいます。

 

 

もしも結婚をするのであれば、妻や子供を養っていかなければなりません。また、奥さんと共働きであれば当面はしのげても、妊娠して出産という段階になると自分一人の収入だけで身重の奥さんと生活していかなければなりません。子供を大学まで行かせるとなればかなりの学費が必要ですし、食費や生活費は想像以上にかかってしまうでしょう。

 

 

妻が看護師など高収入であればまだ良いのですが、そうでなければ子供を持つこと諦めなくてはならないのではないか、と考える男性もいるのです。また、年齢を重ねるうちに、介護現場で重労働を強いられつづけたツケが回ってくることも考えられます。体力回復も次第に遅くなり、定年まで体が持つか不安に思う人も少なくありません。

 

 

このように厳しい男性介護職なわけですが、前述のように共働きをするなどすれば結婚することを諦める必要はないでしょう。また、資格を取得すると、資格手当に反映されなくとも、研修講師をして副収入を得る道も開けてきます。ユニットリーダー研修などでは、1日講師をして10万程度になる場合もあります。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!