介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護の職場で声が小さくても大丈夫?

介護職の仕事は大きく分けると、入浴介助、排泄介助、食事介助、事務作業です。入浴介助はお風呂に自力で入れない方を入浴させる作業ですが、声が小さい人なら裏方に徹するのも悪くないです。ただ、患者が要介護者で耳が遠い場合は、意思の疎通が難しいかもしれないです。ですが、それは声の大きさが普通の人にでも同じなので気を落とす必要はありません。

 

介護,職場,声が小さい

 

排泄介助の際は患者がボタンなどを押して介護職の人を呼び、トイレを要求することで行われます。ポータブルトイレを用意して、その上に患者を移動させる時は、ほぼ無言なので声が小さい人でも問題ないです。

 

 

患者が用を済ませて拭いてほしいとお願いされたら拭くことになりますが、その時に力を入れ過ぎると痛いと患者が言うことがあります。その時は、耳が遠い方の場合はお辞儀をして謝罪すると好感をもたれるかもしれないです。

 

 

食事介助はベッドから身体を起こす前に患者に一声かける必要があります。患者には時間でおよその見当がつくので、食事の時間だと理解してくれます。そして、ゆっくりと患者の身体を起こし、食べやすい位置に食器を置きます。声が小さい人でも大丈夫な分野でもあります。

 

 

事務作業は介護職では特に声を発することのない仕事です。そのため、声が小さい人でも十分こなせます。ただ、先輩の意見が必要となった場合は、話を聞きに行く必要が生じることもあるかもしれません。ですが、その時は普通の人でもあるので特に問題なく意思の疎通ができます。

 

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!