介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

初めて介護職へ挑戦するには?

初めて介護職をする場合、自分の資質を見極めましょう。特に体力の事を考えるのは大切です。この仕事は体力を使う仕事なので、体力に自信がない場合は職場をよく選ぶ必要があります。

 

 

夜勤のある施設の仕事はやめて、昼間だけの仕事にした方が良いでしょう。介護職は夜勤があることが多いのですが、デイケアの仕事だったら、昼間だけのことがあります。

 

初めて,介護職,挑戦

 

介護職は人に接するのが主な仕事です。具体的には食事や入浴、排せつなどの補助を行います。お年寄りの介護をする時に黙ったままでいることはできません。声をかけながらの仕事になります。この仕事を続けていくなら社交的になる方が望ましいです。初めてこの仕事をする場合は、資格を取っておく方が有利です。

 

 

介護職員初任者研修という資格は、集中的に学校に通えば、1ヶ月で取得できます。この資格の勉強をすれば実習をしなければなりません。実習の時にお年寄りに対する接し方を学べるので、実際に仕事を始めた時に役立てることができます。

 

 

介護職を初めて経験する方

 

介護職は高齢化社会の重要な担い手であり、長期的なキャリアアップが見込める業界として注目されています。初めて介護職にチャレンジする方にとっては、手探りで求人情報の確認から始めることになります。

 

介護職,初めて,経験

 

初めて介護職を経験する不安を解消する為には、資格の取得が効果的です。実務で役立つ実技も行えるので初心者であっても即戦力に近づけます。また介護職の仕事に従事する中で実務経験の要件を満たせば、より高度な資格の受験もできるのです。

 

 

もっと気軽に要介護者に接する機会が欲しい方は、ボランティアで介護施設の仕事を手伝う方法もあります。いつまでもボランティアというわけにはいきませんが、現場の雰囲気や具体的な仕事内容を見られるのでお勧めです。たとえ1回でも現場に行った経験によって、初めてであってもイメージはつかみやすくなります。

 

 

誰でも、介護職を初めて経験する時期はあります。自分のお金と時間を費やしてでも事前に資格取得をしておくなどの準備をしておくと、介護施設での評価も良くなります。介護職への適性といった問題もあるので焦る必要はありません。最初から仕事を覚えなくてはいけない初心者だからこそ、キャリアアップの為に自分をより高く売り込むべきです。

「初めて介護職へ挑戦するには?」 と一緒に読まれているページ

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!