介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職を楽しくする方法

介護職を楽しいものにする一番の方法は利用者とのコミュニケーションを楽しむことです。利用者とのコミュニケーションを仕事としてとらえると対応するのが億劫になりますが、日常の会話として楽しむようにすれば負担に感じることなく楽しく仕事を行うことができます。

 

介護職,楽しい

 

利用者は自分よりも長い人生経験を持っており、自分にとってためになる話をしてくれることが多くあります。仕事の悩みがある場合に利用者に話をすることで気持ちが晴れるという経験は多くあります。日常のニュースに関する話題のときでも、人生経験があるからこそ言える意見を聞くことができ非常に勉強になります。

 

 

また、施設では季節ごとに多くのイベントが行なわれます。これらのイベントも利用者と一緒に楽しむようにすると負担に感じることがありません。時にはイベントの準備などで残業を行わなければならないこともあります。これを仕事ととらえると仕事がつらいものになりますが、娯楽としてとらえると楽しく作業を行なうことができます。職員が楽しんで行なっているイベントは楽しい雰囲気が利用者に伝わり盛り上がる場合が多いです。

 

 

介護の仕事で腰痛などの身体的な負担を感じていると楽しむことはできません。負担を軽減する一番の方法は介護技術を取得することです。正しい介護技術を取得することができればほとんどの介護は楽に行なうことができ、仕事を楽しんで行なうことができるようになります。

 

 

介護職を楽しいと思える瞬間とは?

 

介護職は辛いし大変、というイメージがあり、実際に長期にわたって働いておられる方は、本当に素晴らしい方々です。このような介護職ですが、楽しいと感じることが出来る瞬間とは、患者さんが「いつもありがとう」と言ってくれた時、このときには、本当に嬉しいと思ったことと同時に、楽しい!いい仕事だな!と思える瞬間であります。

 

介護職,楽しいと思える瞬間

 

また、患者さんの中には、可愛い動作をされる方もおられて、ぬいぐるみを抱っこしながら眠っていながらそのぬいぐるみを「これは孫の〜からもらってね」と笑顔で話してくださったり、介護をしている時にニコニコとそのようなお話をしてくださったり、ぬいぐるみを撫でて可愛がっている姿が本当に癒される介護職を素晴らしいと感じた瞬間でした。

 

 

また、寂しいと言っておられる患者さんが一緒にいたところ、お礼をたくさん述べてくれること、これもやはり楽しいと感じられる瞬間であり、同時に汚い、臭い、大変、とされている介護職なのですが、このような患者さんが素敵なおかげで、本当にやりがいがあり素敵なお仕事であると言えるものです。

「介護職を楽しくする方法」と一緒に読まれているページ

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!