介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

転職する前に考えておくべき5つの事

何も考えずに就職や転職をすると失敗します。

介護職,転職,悩み

 

特に「今の会社が嫌になったから」等の曖昧な理由で、
退職を考えているなら、一度見直してみましょう。

 

なぜなら、就職や転職後に、

前の会社に戻りたい

こんなはずじゃなかった・・・

 

こうなってしまうと、せっかくの転職も意味がありません。
しかし、このような方が多いのが現実です。
正直、次の転職・就職先は必ず成功するかどうかは入社しないとわからない事が多いですが、辞める会社の事はわかりますし、事前に調べておく事はたくさんあります。

 

 

そこで、辞める前に一度整理をしてみる事をオススメします。

 

 

整理をした結果、やはり転職したいと思われるならば、強い意志が出来きておりますので、
新たな会社が少し大変でも、乗り切れる可能性が高まりますし、就職も決まりやすいです。

 

逆に曖昧な理由で辞めた場合、意思が弱いので新たな会社でも失敗するケースが多くなります。

 

介護,転職,悩み

 

では、具体的に何を整理するのかと言いますと、

本当に、今の会社を辞めても大丈夫?
お金の余裕はあるか?
転職先に求めるものを考える
就職活動の期限を決めておく
理想と現実を考える

 

この5項目を順番に整理していきます。
非常に重要な所ですので、可能であれば最後までお付き合いください。

 

転職する前に整理しておく事

 

転職する前に決めておく事が以下の5つの項目になります。
この項目については、時間をかけてでも考えておく事をお勧めしますが、
ご自身では決めかねる場合、ハローワークや転職のコンサルタントにご相談する方が早いです。

 

本当に、今の会社を辞めても大丈夫?

1つ目は、退職理由を明確にする事が重要です。
これは、「どんな理由で会社を辞めたいのか?」考えます。

 

その理由は、次の会社では改善されるのか、改善されなければ意味がありませんし、
そもそも今の会社で、「ご自身で変える事は出来ないのか」などを考えます。

 

例えば、介護職の退職理由で多いのが人間関係ですが、
次の会社でそれが確実に改善されるかはわかりません。

 

その為、可能であれば、
今の会社の中で、ご自身で変える事が出来るかを試してみるのも良い方法です。

 

ご自身が不満に思っている事を打ち明けたり、
今の状況を変える為にキャラを変えて見たりするのも良いです。

 

それでもダメなら辞めれば良いです。
これまで頑張ったので悔いが残りにくく、辞める意思もしっかりするので次に進みやすいです。
特に、次に進んでも過去を振り返りにくくなるので良い方法だと思います。

 

なお、辞める理由にもよりますので、一概には言えませんが、上記のような方法もあります。
ただし、無理をするといけませんので可能な範囲でお考えください。

 

 

お金の余裕はあるか?

2つ目は、少しでもお金に余裕を持つ事が重要です。
貯金をたくさん持っている必要はありませんが、少し余裕は欲しい所です。

 

なぜなら、人はお金に余裕が無くなると、不安になりやすいからです。
それにより余裕が無くなり、焦りが生まれる事で、
少し条件が悪くても妥協して就職してしまい失敗する傾向があります。

 

 

この事を踏まえると、出来れば逆算して少しずつ貯金をした上で、
求人を探したり、転職活動をすると良いです。
最悪の状況を考えて就職活動をすると楽が出来るのでお勧めです。

 

給料,お金

 

 

転職先に求めるもの

3つ目は、就職する条件を何にするかを決める事が重要です。
この部分は、以下のページにて詳しく記載しておりますので、
転職先に求めるもの」のページをご参照ください。

 

 

就職活動の期限を決めておく

4つ目は、就職活動を終える期限を決める事が重要です。
この部分も「スムーズに転職する方法」に、詳しく記載しておりますが、
期限を決めて、そこまでには就職活動を終える事です。

 

なぜなら、転職活動は、あっという間に時間が過ぎるので注意が必要です。
また就職活動は体力が必要なので、長期間はしんどいです。
その為、時間を考えながらやる方が効率も良く活動もスムーズにいきやすいです。

 

介護職,就職活動,期限

 

理想と現実を考える

5つ目は、ご自身に合ったキャリアプランを考える事が重要です。
わかりやすいように、極端な話をしますと、
介護職を未経験の方が、急に介護支援専門員(ケアマネ)は目指すのは難しいという意味です。

 

なぜなら、未経験の方が介護支援専門員を目指すには、5年から10年は必要になります。
この事から、急には資格は取れないので、
10年後の取得を目指す為に、それまでに何をするのかを考える方が良いです。

 

もちろん希望を持つ事は重要ですし、そこに向かう事はとても良い事ですが、
段階がありますので、そこは考えておく必要があります。

 

今のご自身の実績や経験から、段階に沿ってレベルの高い仕事へ応募すると良いです。

 

 

まとめ

転職をする為の事前準備が必要

曖昧な理由で退職を考えると失敗しやすい

ある程度考えを持った上で、求人を探す事

 

 

今の会社を気持ちよく辞める方法

 

介護職,辞める

今までお世話になった会社を辞めることになりました。
この場合、
「どうせ辞めるので適当に仕事をしよう」と、思われる方と、
「引き継ぎをしっかりしないと今のメンバーに申し訳ない」

 

このように全く違う気持ちを持たれる方がいます。

 

もちろん、これまでの会社との関係にもよるので一概には言えませんが、後者の方が気持ちの良い辞め方になります。

 

どうしたら、気持ちの良い辞め方になるのかを
次の3点でお伝えしていきます。

 

 

辞め方は大切

気分的な問題ではありますが、辞める時に気持ち良く辞めたいと思いませんか。
早く辞めてしまえと思われると、寂しいものです。

 

寂しい気持ちのままだと、次の会社への意欲もわきにくくなります。
皆に背中を押してもらい次の会社で頑張るぞ!の方が絶対に良いと思います。

 

その為にも、いきなり辞めるのではなく遅くても1ヶ月前には伝えましょう。
可能であれば、3ヶ月前に言うのがベストです。

 

そして、引き継ぎもしっかりする事です。
ご自身しか知らない事もあるので、出来る限り引き継ぐようにしましょう。

 

なので、辞め方は大切です。

 

 

 

恩返しの気持ちを持つ事

あなたにも、仕事が出来ない時期はあったと思います。
入社直後から完璧に出来る方はほとんどいません。

 

なので、これまでお世話になった上司、同僚には感謝をする事を忘れないでください。
長年勤めていると、嫌な事もあったり、辞めたい事もあったと思いますが、
それでも、助けてもらった事はたくさんあるはずです。

 

この事から、恩返しの気持ちを持つ事が大切です。

 

 

 

退職後にお世話になる事も・・

これは、次の会社が決まっていない方にとって必要な事です。
なぜなら、失業保険を貰う際に連絡することがあるからです。

 

 

具体的にどういう事かといいますと、
失業保険を貰う方にとって、離職票が必要になります。
この離職票は辞める会社からいただくので、基本的には郵便で送られてきます。

 

ただ、この離職票が届くまでに時間がかかるケースが多いです。
その際に、前会社に催促の電話をする事があります。

 

催促の電話をする時に関係性が悪いと、すぐに対応してくれないかもしれません。
また、保険の引き継ぎなどにも関連が出てきます。

 

 

この事から、退職をする時には円満を目標にする事が重要です。

介護職の転職で有利に進める方法

介護職の求人を探す場合、ハロー○ークだけでは危険です。
なぜなら求人票では、会社の中身まではわからないからです。

 

そこでお勧めするのが、転職のコンサルタントを利用する方法です。

 

 

1・スマイルSUPPORT

 

 

★求人探しのご利用者満足度は96%以上!!

 

オススメポイント

・担当者の施設訪問がある為、生情報を聞けます

・完全無料でコンサルタントがサポート

・未公開求人も多数揃っています

 

 

 スマイルSUPPORT介護はコチラ

 

 

 

 

2・資格なら「シカトル」

 

 

★スキルアップをお考えならまずは資格取得

 

オススメポイント

・資格の資料請求が1分で可能

・まとめて資料請求しても完全無料

・年間10万人以上が利用中

 

 

介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

 

 

求人をお探しの方とすぐに会社を辞めれない方の為に、転職サイトと資格取得サイトをご紹介させていただきました。

 

どちらも完全無料なのは大きなメリットですが、一人で対応するより時間のロスが少ないのも大きな特徴です。

 

求人探しは疲れますが、後悔だけは防ぎましょう。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!