介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職でオシャレはNG?

介護職についていても、オシャレをしたいという女性は多いのではないでしょうか。

 

 

介護職,オシャレ

 

 

会社で禁止されている事もあれば、暗黙の了解としてオシャレがNGなところが多いです。たとえば認知症の人にネックレスを引っ張られて怪我をしてしまう、怪我をさせてしまう可能性がありますし、肉体労働を基本とする介護職では動きにくい服装は基本的には駄目です。

 

 

入浴介護を行う際に、せっかくのオシャレ着も濡れてしまいますし、お年寄りの排泄物がついてしまう可能性もあります。原則として、自分のためにも汚れても良い服装で仕事はするべきでしょう。ただし、現場によっては問題が無い会社もありますし、とくにデイサービスのスタッフならばオシャレがいいところもあります。

 

 

介護の職業柄として、オシャレは難しい会社が多いですが、許容範囲を会社に伺ってみると良いでしょう。もし入社前であれば、会社見学や面接の質問で聞いてみると良いと思います。

 

 

介護職でお勧めの髪型

 

介護職の方は、髪型にも留意しておくことは、患者や利用者のためになります。利用者の移動を支える上で、髪の毛が触れることにより、不快な思いをさせてしまうことがあります。

 

 

介護職,お勧め,髪型

 

 

後ろに束ねたとしても、その束ねた髪の毛が触れてしまうこともあります。不快感をもたらす程度は、人それぞれの感覚によりますが、体が接触する上で妨げにならない長さが望ましいです。実際の介護する側としても、前髪が目に触れて、大切な瞬間を見落としてしまう、見誤ってしまう可能性があります。

 

 

特に、肉体労働や温かいところでの業務によってもたらされる発汗が、周囲に振りまかれることのないようにするためにも、短い髪型は、発汗を揮発させやすい利点があります。何よりも、介護される側にとって、すがすがしく元気を与えてくれる髪形であることが第一でもあります。

 

 

しかし絶対にショートである必要はありませんので、髪の毛が長い方はまとめるなどして、気をつけましょう。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!