介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

ADHDの方が介護職に就くには

adhdとは注意欠陥多動性障害のことで以下のような症状が見受けられます。

 

ADHDの方が介護職に就くには

 

集中力に欠ける・気が散りやすい・物忘れが多いなどといった不注意やじっとしていることができない・話し出したら止まらない・落ち着きがないなどといった多動性、順番を待てない・考える前に実行してしまうなどといった衝動性、この3つの要素を特徴とし、それぞれ人により全てがあてはまる人もいれば1つだけが特にあてはまる人もおり、個人差がありますが、これらは生れ持った脳の障害であるとされており、性格や育った環境や親のしつけのせいではありません。

 

 

このような特徴を持つadhdの人が、介護職に就くには医師やカウンセラー、支援センターなどの指示やアドバイスも勿論大事であり、この特徴自体をまず本人が十分理解し受け止め、その特徴をカバーする工夫が必要になってきます。

 

 

工夫のひとつの効果的な例としては、必ずメモを取り確認するという習慣をつけることやToDoリストにすべきことを書いておき終わったら消していく、タイマーを使用し時間の管理を行なうなどが挙げられます。

 

 

しかし、タイムリーにいつ何が起こるかわからない現場では、予測不可能なことに対処することが苦手とされるadhdの人にとってパニックを引き起こしやすい環境であるため、面接時に特徴を雇う側の人に把握してもらっておいた方が懸命だといえます。

 

 

ADHDの介護職員が悩む問題

 

不注意では、忘れ物が多い・気が散りやすいなど、多動性では、じっとしていることができない・しゃべりだしたら止まらない・落ち着きがないなど、衝動性では、思いついたら考える前にすぐに行動してしまう・順番を待てないなどの例が挙げられます。

 

ADHD,介護職

 

これらの特徴は決して、性格や環境、親のしつけなどが問題というわけではなく、先天性の生れ持った脳の障害であるということがわかっています。

 

 

これらを特徴に持つadhdの人で介護職に従事している人が悩む問題は、自分のコントロールを行なうことが難しく、パニックに陥りやすいといったので臨機応変でスピーディーな対応を必要とされる介護職では多く見受けられます。

 

 

しかも現在は介護職員不足であるため、ひとりひとりの負担も多いため仕事量も多く、これらの特徴がでてしまうと仕事に支障がでてしまうのです。それを避けるためにも、人よりも多くの工夫をしながら仕事に従事していかなければならず、一般の人でも過酷とされるこの職業では、人一倍の努力を要するため、疲れやすくなり体に支障をおこすことがあります。

 

 

周りのサポートがあればこのような問題や悩みを軽減して働くことが可能です。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!