介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護保険制度の仕組み

介護保険制度は、介護保険を利用できる年代40歳以上の人たちみんなで制度の利用をする人を支えましょうという趣旨から始められたものです。通常は65歳以上から必要に応じて利用が出来るものですが、脳血管疾患等の場合でその必要性が認められる場合には、40歳以上でも介護保険制度は利用可能になっています。

 

 

介護保険,仕組み

 

 

そもそも40歳以上の人が支払う介護保険料だけでは、とても賄いきれません。したがって、国税が25パーセント、都道府県税が12.5パーセント、市町村税が12.5パーセント、残りを介護保険料で賄っています。ただし、地域差があり、特別養護老人ホームの設置やあるいは施設系の利用者数が多いところでは、その分介護保険の利用が多いと言うことで、保険料が増えています。

 

 

つまり、施設などの利用者数が多ければ介護保険料に跳ね返ってきてしまうわけです。自治体の自助努力により、介護が必要にならないように介護予防などへの取り組みが期待されています。

 

 

介護保険制度の仕組み自体は、介護が必要な理由などのアセスメントなどをケアマネジャーがしっかりと行うことから始まります。要介護認定等を受けることが前提ですが、その要介護度や病歴などに応じて、必要な介護サービスを考えていくこととなっています。さらに、家族や地域独自で行われるようなサービスなども盛り込んで対応に当たるなどし、定期的にあるいは必要に応じてケアプランの変更と見直しにより、利用者やその家族の負担軽減を図っていくようになっているわけです。

 

 

介護保険制度のメリット・デメリット

 

介護保険制度にはメリットとデメリットがあります。メリットは65歳以上の高齢者であれば要介護認定を受けることで誰でも介護サービスを受ける事ができます。介護サービスには複数の種類が用意されており、要介護者に必要なサービスを選択して利用することが可能です。費用についても自己負担は1割から2割でよく、残りは保険料や税金によってまかなわれます。

 

介護保険,メリット,デメリット

 

介護に関する専門的な知識がなくても利用が可能なように介護支援専門員を無料で利用できるようになっており、適切な介護サービスを提案してもらったり、利用する介護業者との取引の手助けも行なってもらうことができるので、初めての人でも介護サービスを簡単に利用することが可能です。

 

 

介護保険制度のデメリットとしては、要介護認定を受けないと介護サービスを利用することが出来ないということです。介護にかかる費用が増えてきていることから今後はさらに要介護認定の審査が厳しくなる可能性があり、介護量が軽度な人は十分な介護サービスが受けられなくなる可能性があります。また、老人保健施設や老人福祉施設などの介護保険施設が不足している傾向にあり、都会においては多くの順番待ちがあり、なかなか入所することができないという問題が出てきています。

 

 

民間の有料老人ホームを利用する方法もありますが、料金が高くなるため低所得者の人は利用するのが難しい状況です。介護サービスにおいても所得によって受けられるサービスに差が出てきているというデメリットがあるのです。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!