介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職でブラック企業の調べ方

介護職にもブラック企業と呼ばれる会社はあります。離職率、激務、給料が安い、サービス残業、会社を辞めれないなど理由は様々です。ここで分かるのは、ブラックと判断するのは、人によって基準がバラバラだと言うことです。

 

しかし上記のような理由でも、実際は介護職の離職率も減りましたし、他の理由も介護職に限った事ではありません。中には離職者がほとんど出ないようなホワイトな介護施設も存在します。

 

介護職,ブラック企業

 

ここではそのようなホワイト企業とブラック企業の見分け方、調べ方について簡単に解説してみたいと思います。

 

介護職のブラック企業の調べ方

 

介護職のブラック企業を調べる方法は、大きく以下の4点です。

 

  1. 給料
  2. 求人の出現頻度
  3. ホームページの完成度
  4. 口コミや評判
  5. 職場見学

 

それでは順番に、詳しく説明させていただきます。

 

1. 給料

応募する前に求人をチェックします。必ず見ておきたいのが給料です。

 

介護職の求人を10件程調べて給料の相場を把握し、相場よりも安すぎる求人はやめておきましょう。給料の中でも重要なのが「基本給」です。月収30万円でも、残業代や夜勤手当を含んでいる可能性が高いです。基本給は残業代やボーナスに関わるので、一番重視してください。

 

 

2. 求人の出現頻度

ハローワークなどに頻繁に求人が出されている会社はそれだけ離職率が高いということです。また、古い求人にも注意が必要です。人気の求人はすぐに掲載がなくなるので、通っていると判断出来るようになります。

 

介護職,ハローワーク

 

3. ホームページの完成度

ブラック企業の中には「優秀な人材が来てもどうせ辞めてしまうから優秀でない人のほうがいい」とやる気のない求人を出していることもあります。ホームページが無かったり、更新されているかどうかもチェックポイントになります。

 

 

4. 口コミや評判

次に、口コミサイトなどの口コミや評価です。問題がない職場では書き込みがありませんが、不満が充満している職場では口コミサイトや掲示板にたくさんの不満が書かれます。人間嫌なことがあるとどこかにはけ口を求めるものです。インターネットの口コミや評判も一応見ておきましょう。

 

ただ、口コミや評判は参考程度にとどめる方が個人的にはオススメです。理由は人によって好き嫌いは分かれますよね。他の人が嫌いでもあなたは好きかもしれません。悪い評価が1つや2つ程度なら、応募して確認するのも良いでしょう。

 

 

5. 職場見学

最後に実際に職場を見学してみましょう。その際に注意して見ておいたほうがいいポイントとしては、「トイレなどは清潔か」、「施設長やリーダーが話しやすいか」、「職場の人間関係は悪くないか」といったポイントです。気になることはガンガン質問してみて、相手の対応も伺いましょう。少しでも口ごもった様子を見せたら、怪しいポイントだということです。

 

 

最後に

ここまでしても、なかなかブラック企業か判断できない事もあるでしょう。また見学も出来ない会社や、行きづらい人もいると思います。

 

その場合は、介護職専門のコンサルタントを利用する方法があります。コンサルタントは、介護施設を回っているので内情に詳しい事が多いです。無料で相談が可能なので、「この会社はどんな会社なのかな?」と思った場合に利用すると良いかと思います。

 

⇒コンサルタントの相談はコチラ

 

※ただ、全て自分で決めたい方は、判断が鈍るので、相談しないことをオススメします。

 

「介護職でブラック企業の調べる方法」 と一緒に読まれているページ

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!