介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職で教わるおむつの交換方法

介護職に従事している方は、高齢者の世話をすることが仕事の中心になりますが、自分でトイレに行けない方のためにおむつを交換するというのも仕事のひとつになります。

 

 

介護職で教わることになるおむつの交換方法ですが、介護される方が自分で立つことができる場合は、立ったままおむつを交換するということが一般的です。つまり、介護される側が寝たきりの状態ではないときには、介護される側が直立の状態でおむつの交換をすることになります。

 

介護職,おむつ交換

 

具体的に言いますと、介護職の方は後ろからおむつを取り外して、新しいおむつを交換するわけですが、その際介護される側は足がふらつかないようにするために、何かにつかまった状態で立っていることを確認しなければなりません。そうしなければ、交換している最中に介護される側が足がふらついて倒れてしまうということもありえるからです。

 

 

このため、介護職の方は高齢者の姿勢をきちんと確認したうえでおむつを交換する必要があるわけです。このように、介護職の方は、介護される側の状態を確認しながら下着などを換えるわけですが、その際は手早くおこなうということが大切になります。なぜなら、介護される側に負担をかけないということも重要だからです。

 

 

おむつ交換で腰痛になった場合の対処法

 

介護職で介護をされている方のおむつ交換をする時に、間違ったやり方を繰り返してしまうと、自分自身が腰痛になってしまいます。

 

介護職,おむつ交換,腰痛

 

腰痛に一度なってしまうと、なかなか直していくのが厳しいのが現状です。ただし、腰痛を直しながら、腰痛をできるだけ軽減する方法をとれば、比較的痛みが和らぎます。これは、わたしが実際に介護現場で実践してきた方法ですが、おむつ交換の時に、患者様に座ってもらう姿勢、つまり、腰かける姿勢をとってもらうのです。

 

 

もちろん、中には、寝たきりの患者さんもいらっしゃるので、座ってもらうことが難しい場合もありますが、それ以外の患者様の場合は、おむつを交換する時にお願いすることは可能でした。

 

 

そして、ここがポイントなのですが、おむつ交換がしやすいように少し浅めに座ってもらうことです。こうすると、腰痛が起こりやすい中途半端な前かがみ姿勢にならずに済みます。腰痛を持っていても、腰痛が起こる姿勢を取らなくて大丈夫になります。

 

 

そして、おむつ交換の時はできるだけ、患者様に座ってもらうようにしながら、痛みを軽減するストレッチを我慢強く繰り返していくことで、私の場合は、腰の痛みがほとんどなくなるまでになりました。

介護職の転職で有利に進める方法

介護職の求人を探す場合、ハロー○ークだけでは危険です。
なぜなら求人票では、会社の中身まではわからないからです。

 

そこでお勧めするのが、転職のコンサルタントを利用する方法です。

 

 

1・スマイルSUPPORT

 

 

★求人探しのご利用者満足度は96%以上!!

 

オススメポイント

・担当者の施設訪問がある為、生情報を聞けます

・完全無料でコンサルタントがサポート

・未公開求人も多数揃っています

 

 

 スマイルSUPPORT介護はコチラ

 

 

 

 

2・資格なら「シカトル」

 

 

★スキルアップをお考えならまずは資格取得

 

オススメポイント

・資格の資料請求が1分で可能

・まとめて資料請求しても完全無料

・年間10万人以上が利用中

 

 

介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

 

 

求人をお探しの方とすぐに会社を辞めれない方の為に、転職サイトと資格取得サイトをご紹介させていただきました。

 

どちらも完全無料なのは大きなメリットですが、一人で対応するより時間のロスが少ないのも大きな特徴です。

 

求人探しは疲れますが、後悔だけは防ぎましょう。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!