介護職の求人をお探しの方へお勧めする

介護職の求人探しにオススメ!

正社員の求人数は首都圏最大

お仕事のご利用満足度が96%以上!!

介護のお仕事探しで無料相談を受ける方法です!

介護職の雇用形態を考える

介護職に限らずですが、雇用形態の意味をご存知ですか?

 

求人を探す際に、雇用形態も考えます。
求人を見る時には、給料と同じぐらい大事な個所です。

 

介護職,雇用形態

雇用形態にも様々ありますので、
雇用形態の意味と、メリットデメリットを知っておきましょう。

 

まず、どんな雇用形態があるのかと言うと、
正社員
契約社員
派遣社員
パート・アルバイト

 

上記4つが大体の雇用形態となります。
それでは次に、各雇用形態について、詳しく見ていきます。

 

 

正社員

 

【意味】
期間の定めが無い、雇用形態で働いている社員の事になります。

 

介護職,正社員

メリット

収入が安定する

社会保険や、交通費も支給

昇給・ボーナス・退職金が基本的に支給される

残業 あり

解雇の可能性 基本的に無し

 

デメリット

残業が多い

有給が取りにくい会社がある

休日出勤がある

転勤の可能性がある

 

 

 

契約社員

 

【意味】
一定の雇用期間を定める契約の基で、働く社員の事になります。

 

介護職,契約社員

メリット

収入が一時的に安定する

正社員になれるチャンスがある

業務の内容が限定される為、専門性が高くなる

社会保険や交通費も支給される

残業 あり

契約途中の解雇はない

 

デメリット

契約期間がある為、更新されない可能性がある

昇給・ボーナス・退職金が基本的に無い事が多い

 

 

 

派遣社員

 

【意味】
ご自身と、派遣元で契約を結び、派遣先で働きます。

 

介護職,派遣社員

メリット

未経験の職種でも、就職できる可能性がある

派遣先を選べる

時給が高い

転勤が無い

有給を取りやすい

 

デメリット

交通費が支払われない事が多い

派遣契約が、満了する可能性が高い

昇給・ボーナス・退職金が基本的に無い事が多い

 

 

パート・アルバイト

 

【意味】
一週間の所定労働時間が、決まっていない働き方になります。

 

介護職,パート

メリット

好きな時間で働く事が可能

転勤はなし

残業も選びやすい

 

デメリット

解雇される可能性がある

昇給が難しい

昇給・ボーナス・退職金が基本的に無い

 

 

 

まとめ
色々な雇用形態がありますので、ご自身の生活環境に合わせた雇用形態を選ぶと良いです。
介護職は、お子様が居ても出来る仕事ですので、便利な仕事でもあります。

 

それぞれの特徴に合わせて、考えていきましょう。

介護職の転職で有利に進める方法

介護職の求人を探す場合、ハロー○ークだけでは危険です。
なぜなら求人票では、会社の中身まではわからないからです。

 

そこでお勧めするのが、転職のコンサルタントを利用する方法です。

 

 

1・スマイルSUPPORT

 

 

★求人探しのご利用者満足度は96%以上!!

 

オススメポイント

・担当者の施設訪問がある為、生情報を聞けます

・完全無料でコンサルタントがサポート

・未公開求人も多数揃っています

 

 

 スマイルSUPPORT介護はコチラ

 

 

 

 

2・資格なら「シカトル」

 

 

★スキルアップをお考えならまずは資格取得

 

オススメポイント

・資格の資料請求が1分で可能

・まとめて資料請求しても完全無料

・年間10万人以上が利用中

 

 

介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

 

 

求人をお探しの方とすぐに会社を辞めれない方の為に、転職サイトと資格取得サイトをご紹介させていただきました。

 

どちらも完全無料なのは大きなメリットですが、一人で対応するより時間のロスが少ないのも大きな特徴です。

 

求人探しは疲れますが、後悔だけは防ぎましょう。

介護職のお仕事探しでお困りの方へオススメ

転職の相談をしながら求人を探せます!

完全無料のフルサポート

介護の転職をお探しの方はコチラ!